本文へスキップ

携帯でピッとして情報をゲット!


QRコードはこちら→

QRコード

 

均整法とは
 
 

■ 均整法とは、体表の知覚変化、体型のあり方を通して体の中の異常や変化を知り、これを調整するために体表の一部に刺激を加えて、体を均整にする手技療法です。

■ 均整法には
「平衡性(バランス、巧妙さ、耐久力)」

「可動性(動きのよさ、行動力、弾力性、機敏さ)」

「強弱性(強さと弱さ、力強さ、抵抗力)」

の3つの基礎となる原則があります。これらのバランス、つまり「均整」がとれている状態が「健康な状態」といえるのです。バランスを整え、体のゆがみを整えることによって、「本来あるべき姿」=「健康で美しいカラダ」を取り戻すための理論とテクニックをまとめたものが「身体均整法」です。


■ 体のゆがみから起こる危険
体がゆがんでねじれていると、姿勢が悪くなるばかりか、筋肉が緊張して硬くなり、中にある神経や血管を圧迫し、血液の流れを悪くして神経痛を引き起こします。神経痛をかばっているとさらに姿勢が悪くなり、やがて骨格はゆがみ、内臓まで傾斜圧がかかり、内臓の機能低下にまでつながってしまうのです。
また、血液の流れが悪くなると、栄養や酸素の供給、老廃物の除去といった働きが悪くなり、代謝の悪い体になってしまいます。そして、さまざまな病気につながってしまうのです。
特に女性は骨盤がねじれやすく、カラダに脂肪がつきやすくなるだけでなく、自律神経やホルモンのバランスもくずれ、生理痛、生理不順や不妊症などの原因となります。

 

■ 自律神経とは
貴方の心臓を動かしたり、汗をかいたり、自分ではコントロールできない自動的に働く神経のことです。
自律神経は活動する神経といわれる『交感神経』と、休む神経といわれる『副交感神経』の二つに分類され、必要に応じて自動的に切りかわって働くようになっています。
背骨の周りは自律神経が集中し、内臓の働きにも影響します。
自律神経が乱れますと下記のような症状が表れます。


頭   頭痛、頭重感
耳   耳鳴り、耳の閉塞感
口   口の乾き、口中の痛み、味覚異常
目   疲れ目、なみだ目、目が開かない、目の乾き
のど  のどの異物感、のどの圧迫感、のどのイガイガ感、 のどがつまる
心臓・血管系 動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動
呼吸器  息苦しい、息がつまる、息ができない、酸欠感、息切れ
消化器  食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、
下腹部の張り、腹鳴、胃の胃不快感
便秘、下痢、ガスがたまる
手   手のしびれ、手の痛み、手の冷える
足   足のしびれ、足の冷え、足の痛み、足がふらつく
皮膚  多汗、汗がでない、冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ
泌尿器 頻尿、尿が出にくい、残尿管
生殖器 生理不順、外陰部のかゆみ、インポテンツ、早漏、射精不能

筋肉・関節  肩こり、筋肉の痛み、関節のいたみ、関節のだるさ、
力が入らない

全身症状  倦怠感、疲れやすい、めまい、微熱、フラフラする、ほてり、食欲がない、眠れない、すぐ目が覚める、起きるのがつらい

精神症状  不安になる、恐怖心におそわれる、イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる、集中力がない、やる気がでない、ささいなことが気になる、 すぐ悲しくなる記憶力や注意力が低下する

 

 

 
 
メールazuazu_teco88-infomation@yahoo.co.jp